生命保険の活用

生命保険の活用

  1. 遺族生活資金の準備収入保障保険、逓減定期保険、定期保険を利用します。必要な資金、負担可能な保険料、必要保障期間に応じてプランニングします。
  2. 医療保障資金の準備(終身)医療保険、(終身)がん保険、特定疾病保障保険を利用します。必要な保障内容、必要資金、負担可能な保険料、必要保障期間に応じてプランニングします。
  3. 老後生活資金準備個人年金保険、(低解約返戻金型)終身保険、養老保険を利用します。必要な資金、他の保険との兼合い、負担可能な保険料、必要保障期間に応じてプランニングします。
  4. 死亡時整理資金の準備(低解約返戻金型)終身保険、定期保険を利用します。必要な資金、負担可能な保険料、必要保障期間に応じてプランニングします。
  5. 教育資金学資(こども)保険、低解約返戻金型終身保険を利用します。必要な資金、負担可能な保険料、必要期間に応じてプランニングします。
  6. 介護資金の準備介護保険、(低解約返戻金型)終身保険、養老保険を利用します。負担可能な保険料、必要な資金、他の保険との兼合い、必要保障期間に応じてプランニングします。

※1つの保険で全てのリスクに備えるのは、無理があります。加入目的に応じて、保障の優先順位を決定し、最適かつ合理的な保険に加入することが大切です。

 

 活用個人.jpg

 

▲このページのトップに戻る